Archives

You are currently viewing archive for 18 October 2005

[徒然] 18 October 2005 はてなブックマーク - 「老人ホームでプログラム」って超クールでしょ? Twitterでつぶやく

「老人ホームでプログラム」って超クールでしょ?

IT Proにこんな記事がありました。
たぶん前人未到ソフト開発関連の一環だとは思うのですが、経産省の「U-20プログラミングコンテスト」についての記事です。
「生涯一プログラマ」に悔いなし
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20051017/222923/

この記事の中では、日本においてプログラマは単価の安い職業で、丁稚のようなものとして扱われていると指摘しています。
なるほど、たしかにSI業界ではプログラマのことを侮蔑をこめて「PG」と言っています。日本では「PG」が「SE」になり、そして「PM」になっていくと言うのがまっとうなソフトウェアエンジニア人生とされています。仮に30を超えてもバリバリプログラマでありたいと望もうものなら
「ものづくりも良いけど、あとは若者に任せて君は、管理でもやってくれないか?PGって年でもないだろう」
となります。(まあ、これには人月単価などのコスト的な配慮もあるのですが・・・)
これは日本のシステム業界で求められる人材が、プロフェッサーではなくジェネラリストであることに起因しています。さらに悪いことに、スキルによって次のステップへ進むのではなく、経験年数によって次のステップへ進むので意味不明なSEであふれかえることになります。
もちろん30を超えた優秀なプログラマの方にたくさん出会いましたが、皆さんその場所を守るために踏ん張っておりました。(むしろ戦っていたぐらい・・・)

前述の記事中の「47歳でカーネルハッカーデビュー」ではないけれど、私も生涯一プログラマを目指したいです。
だって、プログラマって仕事は格好いいし、プログラムしてるときって快感だし、プログラマって正義の味方みたいでしょう?w


«Prev || 1 || Next»