Archives

You are currently viewing archive for 02 July 2006

[Java] 02 July 2006 はてなブックマーク - GroovyがVelocityを引っ張るのです。 Twitterでつぶやく

GroovyがVelocityを引っ張るのです。

ある日、会社の中国人エンジニアがJavaはめんどくさいと言いました。
(結構根に持つタイプ→俺)
悔しいので、高速開発可能な簡易フレームワークというか環境を作ろうと心に決めました。
#目標メモ
http://www.makino-style.org/ura/index.php?AntiPhpProject


やっべー、マジで楽しいよ!グリグリいけるよ。
(今作り中、基本ができたらここでリリース予定w)
GroovyとVelocityServletは相性が良いと思う。サクサク行ける。
デプロイとリロードいらずでラピッドな開発ができるぜ!

Sample.gdo(Groovy側)
name = request.getParameter("name")
address = request.getParameter("address")
if(name!=null&&address!=null){
 info = new PersonalInfo()
 info.name = name
 info.address = address
 request.set("info",info)
}
class PersonalInfo{
 @Property name,address
}

Sample.htm(Velocity側)
<html>
 <body>
  <h1>Sample</h1>
  <h2>
   #if($!info)
    Your name is $info.name!<br>
    Your Address is $info.address
   #end
  </h2>
 </body>
</html>

Groovyへのバインド周りでDIをうまく使えば、面白いかもー
→ URLからkeyを生成して、DIでBindingオブジェクトを生成みたいな?さすれば、通常の方法で作ったDAOとかも容易に利用できるし

------------------
追記:
Spring使おうかS2使おうか迷ってたけど、ThinkITの速度比較見たらS2のほうがかなり速いのと使いやすいことからS2を使うことにする。正直Springの設定はめんどい


«Prev || 1 || Next»