Archives

You are currently viewing archive for January 2008

[Book] 19 January 2008 はてなブックマーク - 虜人日記と近況 Twitterでつぶやく

虜人日記と近況

揚子江の火力発電所(?)
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この3ヶ月ほど個人的な事情や、仕事の忙しさもありブログを更新していませんでしたが、本日よりまた再開をしようと思います。



▽近況
まずは近況、飽きもせず相変わらず上海に住んでおり、仕事についてもシステム開発に携わっています。
上海在住もすでに2年を越え、日常生活や親しい人との雑談であれば会話には不自由せず、笑い話ができる程度には中国語も上達しました。(だたし、発音となると未だに聞くに耐えないようでよく注意されたり聞き返されたりしますが)
また、あれだけ偉そうに禁煙を宣言してみたものの半年程度で吸い始めることとなり、悪癖を断つのはなかなか大変であり自分の意志の弱さを痛感しています。最近は仕事の関係で頻繁に日本へ行くことが増えました。しかしながら、やはり上海が肌に合うのか、逆に東京が合わないのか上海にいるときの方が心身ともに健康です。


▽虜人日記
虜人日記
さて、タイトルにもあるように最近「虜人日記」を読みました。
以前「JavaからRubyへ」の3章までの感想についてで紹介した"山本七平による「日本はなぜ敗れるのか」"の元ネタになった本でもあります。(これら一連の本は父から貸してもらったもので、なかなかおもしろく読ませてもらっています。)

私は上海に住んでいるということ、オフショアに携わっているということもあり、否が応にも中国人、欧米人をネタに日本の習慣や文化、民族性を考えるわけですが、この虜人日記はすでに記述から半世紀以上経つにも関わらず非常に新鮮な視点を与えてくれます。

虜人日記について軽く紹介をすると、著者である小松真一氏の軍属としての太平洋戦争末期から終戦後の捕虜としての生活について綴った個人的な日記です。彼は軍属と書いてあるように、軍人ではなくいわゆる文官(技官?)として戦争に参加していました。
» 続きを読む
«Prev || 1 || Next»