Archives

You are currently viewing archive for 20 November 2009

[メモ] 20 November 2009 はてなブックマーク - ChromiumOS(GoogleChromeOS)の構築 Twitterでつぶやく

ChromiumOS(GoogleChromeOS)の構築

ついにGoogleのChromeOSが発表されました。
http://dev.chromium.org/chromium-os

まあ、どういうものかは上記から見てもらうとして、とりあえずBuild Instructions (The Chromium Projects)にしたがって構築してみました。

▽ 環境
Ubuntu9.04(64bit)
Ubuntu8.04(linodeのVPS、32bit)

▽ ビルドの流れ
1: 各種ダウンロード
ChromiumOSのソースコード/Chromiumのバイナリ
2: ローカルリポジトリ構築
3: chrootでBuild環境に切り替え
4: パッケージ構築
5: カーネル構築
6: イメージ構築

▽ ビルドの時の簡易手順(飽くまでも参考、ちゃんとドキュメント読むこと!)
・前準備、作業は全て自分のホームディレクトリ
wget http://build.chromium.org/buildbot/archives/chromiumos-0.4.22.8.tar.gz
tar xfz chromiumos-0.4.22.8.tar.gz
ln -s ./chromiumos-0.4.22.8 chromiumos
wget http://build.chromium.org/buildbot/snapshots/chromium-rel-linux-chromiumos/32528/chrome-linux.zip
mkdir -p ~/chromiumos/src/build/x86/local_assets
cp ./chrome-linux.zip ~/chromiumos/src/build/x86/local_assets/chrome-chromeos.zip

・構築環境の準備
→ 例えば中国とかでGFWの内側にいる人は任意のProxyを通さないとmake_chroot.shで失敗するので、export http_proxy="http://****:***"とかでProxyを設定しておかないとダメです。
cd ~/chromiumos/src/scripts
./make_local_repo.sh
./make_chroot.sh

・構築環境へchroot
./enter_chroot.sh

---以下はchroot環境中での作業
・任意のローカルアカウント名、共有ユーザのパスワードの設定
( cd ../platform/pam_google && ./enable_localaccount.sh ローカルアカウント名 )
./set_shared_user_password.sh

・ビルド
./build_platform_packages.sh
./build_kernel.sh
./build_image.sh

---chroot終了
exit

・VMwareのイメージ作成
→ ビルドマニュアルには書いてないけどsudo apt-get install qemuしないと失敗します。
./image_to_vmware.sh --from=~/chromiumos/src/build/images/999.999.32309.213245-a1

・USBディスクのイメージ作成
→ 2GBだとギリギリ足りないので、まあ4GB程度あると良い。下記はUSBストレージが/dev/sdcの場合。
./image_to_usb.sh --from=~/chromiumos/src/build/images/999.999.32309.213245-a1 --to=/dev/sdc


▽ 中国在住の人向け:GFWをProxyで回避する場合
ROOTイメージ内の下記ファイル
/usr/bin/chromeos-chrome

にて--proxy-server=host:portオプションを指定すれば良い。
«Prev || 1 || Next»