[Book] 30 November 2009 はてなブックマーク - 「差別と日本人」読了 Twitterでつぶやく

「差別と日本人」読了


野中広務と辛淑玉が「部落とは、在日とは、なぜ差別は続くのか?」をテーマに対談をしている。
一方的な被害者の視点や誰が悪いのかというような形ではなく、近代日本においての現象として、構造としての差別に焦点を当てつつ彼らの実体験を重ねており素直に読める内容である。
どのような構造で差別というものが生み出されていくのか、そしてそれがどのような結果をもたらしたのか、対談者はそれらにどのように携わってきたのかという視点であり差別が連鎖していくメカニズムをとてもわかりやすく説明している。

▽ 感想として
TwitterやTumblr、ブログや2ch、またはそのまとめサイトを見ているとどうしたって右傾的(というよりむしろレイシズム)な意見を見聞きし、どこかで自分もどこかしらそのような思想を取り込んでしまっているということを実感させられた。
それは例えば、ネットをやってると誰しも目にするような在日朝鮮人、被差別部落への侮蔑の言葉や怪文書(だれそれは在日とか)への無批判な精神的迎合などである。
これは本書の中で辛淑玉が指摘している行為そのものだ、

自分は他者より優位だという感覚は「享楽」そのものであり、一度その享楽を味わうと、何度でも繰り返したくなる。特に人は、自分より強いものから存在価値を否定されたり、劣等感をもたらされたりしたとき、自己の劣等意識を払拭するために、より差別を受けやすい人々を差別することで傷ついた心のバランスをとろうとする。

この構造は、とても良く理解できる。なぜなら、日々鬱憤がたまり自身が苦しんでいる時(例えばブラック企業で疲弊しきっているとき)、真実かどうか自身では確認していない事実に基づいて会ったこともない在日朝鮮人や被差別部落、特定の宗教団体、生活保護と母子加算を受けているどこかの女性、過剰な権利を要求している労務者をシンボルとして叩くのは快感だからだ。
ただのイジメの構造を義憤や公憤、愛国心に置き換えられるので後ろめたさもなくさらに気持ちが良い。
本書は、自分の中にあるそういう下劣な部分を強く認識される一冊であった。

[Book] 19 January 2008 はてなブックマーク - 虜人日記と近況 Twitterでつぶやく

虜人日記と近況

揚子江の火力発電所(?)
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この3ヶ月ほど個人的な事情や、仕事の忙しさもありブログを更新していませんでしたが、本日よりまた再開をしようと思います。



▽近況
まずは近況、飽きもせず相変わらず上海に住んでおり、仕事についてもシステム開発に携わっています。
上海在住もすでに2年を越え、日常生活や親しい人との雑談であれば会話には不自由せず、笑い話ができる程度には中国語も上達しました。(だたし、発音となると未だに聞くに耐えないようでよく注意されたり聞き返されたりしますが)
また、あれだけ偉そうに禁煙を宣言してみたものの半年程度で吸い始めることとなり、悪癖を断つのはなかなか大変であり自分の意志の弱さを痛感しています。最近は仕事の関係で頻繁に日本へ行くことが増えました。しかしながら、やはり上海が肌に合うのか、逆に東京が合わないのか上海にいるときの方が心身ともに健康です。


▽虜人日記
虜人日記
さて、タイトルにもあるように最近「虜人日記」を読みました。
以前「JavaからRubyへ」の3章までの感想についてで紹介した"山本七平による「日本はなぜ敗れるのか」"の元ネタになった本でもあります。(これら一連の本は父から貸してもらったもので、なかなかおもしろく読ませてもらっています。)

私は上海に住んでいるということ、オフショアに携わっているということもあり、否が応にも中国人、欧米人をネタに日本の習慣や文化、民族性を考えるわけですが、この虜人日記はすでに記述から半世紀以上経つにも関わらず非常に新鮮な視点を与えてくれます。

虜人日記について軽く紹介をすると、著者である小松真一氏の軍属としての太平洋戦争末期から終戦後の捕虜としての生活について綴った個人的な日記です。彼は軍属と書いてあるように、軍人ではなくいわゆる文官(技官?)として戦争に参加していました。
» 続きを読む

[Book] 07 May 2007 はてなブックマーク - 「JavaからRubyへ」読了。 Twitterでつぶやく

「JavaからRubyへ」読了。

読み終わりました。
久々に一息で読みました。
↑空いた時間をつなぎ合わせつつだったので時間が掛かってしまった。

ここまでドキドキして技術書を読んだのはEffectiveJava以来でした。
細かな技術的説明はさておき、何が得られるか、どうやるべきかにおいて多くの道しるべを与えてくれました。
また最初の印象通り、全体としてRubyが全て!という訳でもなく非常にバランスがとれた内容でした。

感想として、今現在LAMPとJavaで行なわれているWEB開発の中間部分は、ごっそりとRails(Ruby)に移行していくと思いました。
つまり、PHPはよりラピッドな簡易構築、Javaはよりエンタープライズな重量級インフラ系に押しやられ、いわゆるWEBアプリケーションと呼ばれる本流部分はRailsに置き換わるだろうということです。

もちろん、全てがRails一色になるとは思いませんがかなりの部分がRailsに取って代わられると思います。

当面の目標として、(本書で言うところの)政治的リスクはあるものの、ちょうど良いサイズのアプリケーションをRails化してみようと思います。また中期的にはRubyのできるオフショアを目指して行きます。
↑よりコストを低減させ競争力を強化する助けになると確信しました。

Rubyに興味を持つ人にとって、この本は非常に対費用効果が高いと思います。経費でも何でも使って是非購入すべきです。

では

[Book] 03 May 2007 はてなブックマーク - 「JavaからRubyへ」の3章までの感想について Twitterでつぶやく

「JavaからRubyへ」の3章までの感想について

java2ruby
遅ればせながら、角谷さんが翻訳をされた「JavaからRubyへ —マネージャのための実践移行ガイド」を入手しました。
全てを読み終わらないうちに、待ちきれずに書いてしまいます。今ちょうど第3章を読み終わったところですが、その内容は私を打ちのめすのに充分でした。

まずはRubyが如何にすばらしいのかという点よりも、私が愛してやまないJavaの見て見ぬふりをしていた点をズバリ指摘している部分に衝撃を受けました。


1,Javaは生産性が低いという事実
2,WEBアプリを作るに当たって最適解ではない事実
3,Javaの再利用性の幻想


これらについて私は以下のように感じました。
1について、これは認めたくない事実であり、事実と直感的に知りながら目をそらしていた事実です。実際、Javaにおいては厳密な型定義と規格の準拠に多くの時間が費やされます。
特にそれに伴うコンパイルと複雑なデプロイ、またはビルドツールの設定作業は、宗教めいた儀式と化して私のテックマン(*1)としてのプライドに安心と尊厳を与えてくれます。
その点を除けば、残念ながらこの崇高な時間は明らかに無駄であり開発プロセスから省かれるべき儀式です。
恥ずかしながら、私は周辺技術をマスターしそれを扱えることが、大事な仕事であると勘違いをしていました。

ある中国人エンジニアの言った「Javaは面倒くさいですよ。」という言葉が深く突き刺さります。私はそのとき単にそれを「技術が低いからでる言葉」であると切り捨てました。
しかし確かに、Springの設定も、WARのデプロイも、Mavenによるビルドも面倒であり本質的では無いことを認めます。


2については否定のしようもありません。むしろ、しばらく前から自分でも社内において下記のような(私的には)敗北宣言を出していました。
「少なくともWEBサイトの構築においてJavaはPHPより向いているとは口が裂けても言えません。個人的にはJavaでやりたいが、この案件は明らかにPHPでやるべきです。」

そして3,私は、時々インタフェース主義は全てを達観したスーパーエンジニアでなければ対応できないのではなかろうかと思うことがあります。つまり「精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事(*2)」というわけです。
少なくとも私は今に至るまで、ミクロな規模を除いて有効な再利用がされているところを見たことがありません。
反論される人がいると思います。でもよく考えてみてください、インタフェースを修正したことはありませんか?絶対にあるはずです。
どんなにDAOとServiceを綺麗に分離してDIコンテナによりシンプルにしても、開発中WEB層からの呼び出し時にインタフェースの修正をしたことがあるはずです。(そもそもバイトコードインジェクションによるAOPという技術がそれを証明しています。)

ミクロな視点でのインタフェースの利用に文句はありませんが、これを業務ロジックに適用すると破綻をきたしているのに疑いはありません。なぜなら業務ロジックは生き物であり外的容認により変化し、また新たに発見されるからです。

本書でも繰り返し述べているように、Rubyが全ての最適解にはなり得ないでしょうが、少なくともこれまでJavaだけを見ていた私にとっては開発の本質を取り戻す良い機会になる事だけは間違いないです。

さて、続きを読まなければ・・・・ww
#上海までこの本を持ってきてくれたH君、ありがとう。

*1 アイザック・アシモフのファウンデーションシリーズにおいてホーバー・マロウが訪ねた銀河帝国の原子力発電のエンジニア、ホーバー・マロウは下記のように表現している。
「かれらはもはや自分たちの巨大技術すら理解できなくなっているんだぞ。」

*2 山本七平による「日本はなぜ敗れるのか」で引用されている小松真一による敗因21ヵ条の第一条より
「精兵主義の軍隊に精兵が居なかった事。然るに作戦その他で兵に要求される事は、全て精兵で無ければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた」

[Book] 11 April 2007 はてなブックマーク - トドメの一撃、変化を受け入れる心の準備もOK! Twitterでつぶやく

トドメの一撃、変化を受け入れる心の準備もOK!

java2ruby
角谷さんが翻訳をされた「JavaからRubyへ —マネージャのための実践移行ガイド」の第一章が無料公開されたので早速読んでみました。

角谷HTML化計画 『JavaからRubyへ以下略』の見本PDFが公開されました
http://kakutani.com/20070410.html

その中で、かつて「軽快なJava」を書いた著者は、Javaの限界というよりむしろ閉塞感を見事に指摘しています。

もちろん、Ruby万歳、すべてはRubyで!みたいな内容ではありませんでした。JavaからRubyへ行くにあたり何がリスクであり、いまどのような状況なのかが説明してあります。非常に抵抗なく読むことができました。

実際、私も最近はこれまでの自分の時間や能力を投資したJavaに対する熱意が、変化を拒むような保守的なものへと変容していました。
その上、J2EEをコアとするSOAやWebServiceは、正直に言って自分だけでは手に負えない複雑な手順を踏まねばならず、本来開発を行うための労力の多くを周辺技術へ割かざるを得ません。(要するに何か作るにも腰が重いんですよねJ2EEだとw)

Javaをスキルのひとつにする、良い機会だと思いました。
この本、発売されたら是非購入しようと思います。

#RubyOnRailsで疑問な点がひとつ、もう凄くしょうもないのですが先ほどの「JavaからRubyへ —マネージャのための実践移行ガイド」の第一章にも記述されている「ログイン用のモデルを切り離して扱うことができる」の部分、これどうやるんだろう??(はい、超初心者決定w)

[Book] 05 May 2006 はてなブックマーク - M2ビルド本「Better Builds with Maven.」・・・無料かよ!! Twitterでつぶやく

M2ビルド本「Better Builds with Maven.」・・・無料かよ!!

よくわかんないけど、継続的インテグレーションとか自動ビルドとか、その辺のソリューションとかコンサルタントを提供してる会社Mergereが、M2のマニュアル本を公開してます。情報源はThe Server Sideです。

タイトルは、Better Builds with Maven.で、目次はこんな感じです。
 1. Introducing Maven
 2. Getting Started with Maven
 3. Creating Applications with Maven
 4. Building J2EE Applications
 5. Developing Custom Maven Plugins
 6. Assessing Project Health with Maven
 7. Team Collaboration with Maven
 8. Migrating to Maven
 Appendix A: Resources for Plugin Developers
 Appendix B: Standard Conventions
プラグインであるMOJOの作り方からContinuumとの連動方法、そしてカバレッジレポートのCoberturaの説明まで、なんと総数500ページ270ページを超えます。
あう~、John Casey、Vincent Massol、Brett Porter、Carlos Sanchez、Jason Van Zylさん不勉強であんたらが誰だか全く知らない(M2関連の有名人かも・・・)けど、マジすげえっすよ!!!
オフィシャルドキュメントに一貫性がない中、これはホントありがたいドキュメントですよ。

-----
調べましたw
Vincent MassolさんってCodeHausの人で、そのほかの人もMavenの開発者なんですね。そんでもってオライリーのA Developer's NoteBookのMaven(Maven1.0系)を書いた人なんですね・・・・。あの本は時期が微妙に遅かったので買いませんでした。(つーか日本語版は今年の2月って、1年は遅すぎるよ・・・orz)
目次を見ると、今回公開されたものも内容は違えど基本的には同様の構成のようです。
ついでにMavenBookのサポートページも見つけました。
Mavenbook.org

そこでもM2ビルド本のことについてアナウンスしてますねー

[Book] 13 September 2005 はてなブックマーク - 稼げるかどうかは別として・・・ Twitterでつぶやく

稼げるかどうかは別として・・・

稼げるJava!―今より楽するコーディングという本があります。会社の人が図書館から借りてきて、紹介してくれました。
技術評論社の本で、現場でJavaをやる上で抑えておくとよいことが書いてありました。要点が諺のように強調してあるので読みやすいです。
特に、Javaのプログラムはそこそこわかるけど、現場ってどうやってるの?みたいな層には良いかもしれません。
値段も2000円以下で手ごろです。


«Prev || 1 || Next»