[徒然] 07 June 2007 はてなブックマーク - 煙草こそ人生(もとい、煙草にドライブされてる人生) Twitterでつぶやく

煙草こそ人生(もとい、煙草にドライブされてる人生)

ということで、(また)禁煙することにしました。

最近は特に止める気もなかったのですが、下記を見たのがきっかけ
Joel's Quit Smoking Library(日本語版)
http://www.anti-smoke-jp.com/WhyQuit-jp/joel/comjoel.html

要するに、既に喫煙者である自分は能動的意思決定の結果として煙草を吸っているわけでは無いということです。
語弊があるので言い直すと(JTの陰謀とかそーいうのではなくて)、今の自分は明らかに煙草に対する生理的渇望感、およびそれによって生ずる心理的渇望感によりドライブされる行動を、あたかも自分の決定した行動と錯覚しているということです。

喫煙者ならわかると思いますが、私の場合はこんな行動がw
・相当不快な状況でも煙草を手に入れるためなら寒い夜でも、雨の日でも自販機へ走る
・すぐに手に入らないとき、いわゆるシケモクに手を伸ばす
・時間の感覚が一服で区切られている
・風邪で鼻や喉が痛くでも煙草に手を伸ばす
・空腹でも食事をするより煙草を選ぶ
・忠実に同じ銘柄(Pease)を選ぶ
・心理的ピンチに陥ると煙草に手を伸ばす

これ、良く考えてみると明らかに常軌を逸した行動です。
煙草は社会的寛容度が高いため、どこでもいつでも手に入るし先ほどの行動も場合によっては笑い話になりますが・・・・
これが煙草じゃなくてドラッグなら、普通に異常な行動ですね。
完全にいかれた薬物中毒者の行動です。

法律の問題は人間が決めたことなので脇に避けておき、先ほどの行動例の煙草の部分をアルコールやドラッグに置き換えて表現的にも内容的にも問題は無いようです。
すると論理的に考えて、煙草はかなり強い中毒性の薬物かそれに相当する物ということになりますね。
#私も喫煙者なので、これを読む喫煙者の反応がわかります。「そんな大げさなwwww」でしょ?w

私は、明らかな薬物中毒者という結論に至りました。
そんなわけで私は肺癌とかその辺の問題はさておいて、ニコチンにより意思決定から行動までドライブされているのは不愉快な状況なので、この強力な依存性薬物の支配下から逃れたいと思います。

#禁煙自体がどれだけ続けられるのかわかりませんが、可能な限り「その一本」を吸わないようにしてみます。

Comments

ikuma wrote:

正しい判断です。やめた直後は、どのタイミングでコントロールされていたかが、ふとした行動の隅々で感じられて、あ、この瞬間だといちいち気づくので楽しいと思います。

08 June 2007 at 02:33

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。