[ハイテク] 28 October 2005 はてなブックマーク - 弊社の公式オフィスツールは・・・ Twitterでつぶやく

弊社の公式オフィスツールは・・・

DESKTOP.Good-Day.netの運営者の方のブログ
オープンソースソフトウェアはもうこりごり?
にて、「実社会ではExcelが利用されており,OpenOffice.orgを学んでも就職に役立たない」という意見について残念だといった感想が書かれています。

個人的にはMS-OfficeもOpenOffice.orgも大して使い方は変わらないような気がします。つまり、非常に高度な利用法(アウトラインをモリモリ設定したりとか・・・)を試みなければ、通常のオフィスで要求される大概のことは同じような操作でできるということです。


さて、本日会社にて日本語版をダウンロードし弄くっていましたら弊社董事長がやってきましたので、早速OpenOffice.org2.0を披露w
その完成度の高さに驚嘆、決して大きな会社ではないですが、弊社公式のオフィスツールはOpenOffice.org2.0に決定しました。

そこであがったガイドラインとしては
  • どうしても某社製Officeを利用しなければいけないもの以外はOOo2.0

  • 見積書、提案書等はOOo2.0のPDFを利用していく

  • とりあえず次のプレゼンはImpressで作っちゃう

つまるところ、社内文書は当然のことながら、見積書、提案書など対外的にReadOnlyであるドキュメントについてもPDF出力機能を利用することによりOOo2.0で対処して行くということです。

このガイドラインは即興で決まったことですが、OOoを利用するにあたっての現実解だと思います。
やはり、全てをOOo2.0にするのは正直言って辛いし無理があります。
しかしながら、某社製Officeのコストは中小企業にとっては、マジで馬鹿になりません。冒頭で紹介したブログの方は下記のように書いておられます。
TPOに合わせてプロプライエタリなソフトウェアとオープンソースソフトウェアを適宜使い分ければ、コストを減らし利益を増やすことにつながると思うのですが。

これはまさに正論だと感じます。0か1かの問題ではありません。

幸いなことに、本来売り物のOOo2.0のガイドブックがクリエイティブコモンズ「帰属2.1 日本」で無償公開されています。こちらを参考にして、モリモリとOOoドキュメント書いていきます。(ホントはJavaを書きたいケドネw)
オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0 公開版

しかしフットワークの軽い会社だなー、自分のいる会社ながらかなり感心しました。そのあと董事長とは日本料理屋でお食事、色々と熱く語りました。
楽しかったです。

Comments

sgm wrote:

でもねー。ぶっちゃけ資格まで取っちゃうと使い慣れてるからね使っちゃうんだよねー。OOo入れてたけどいまいち使い切れなくてね。

28 October 2005 at 09:24
せいたろ wrote:

全然関係ないけど、弊社アプリケーションサーバはWebLogicかな。

軽い。デプロイ秒殺。マニュアルがいい。
まーあれとのギャップがあったからよく見えたのかな。w

あとまた全然関係ないけど、またすごいのが出てきた。viマスターかじ○さん。この会社はどんだけおんねん。すごい人。
一応うちのマキノがお世話にって挨拶しといた。w

28 October 2005 at 12:56
fumitaka wrote:

>sgm
いや、2.0はねすごいのよ。ホントにすごい!
まじでいっぺん使ってみてよw

>せいたろ
えー、WebLogic?
景気がいいじゃんかよ。DBはOracleってかこのやろう!viマスター、知ってる。w
かなり酒好き・・・

29 October 2005 at 02:23

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。