[メモ] 23 January 2011 はてなブックマーク - PECLのoauthでproxyを利用 Twitterでつぶやく

PECLのoauthでproxyを利用

メモ、メモ。
作業手順は、環境準備して、ソース落として、パッチ当ててコンパイル。

・環境準備
sudo apt-get install php5-dev php5-curl libcurl4-gnutls-devlibpcre3-dev 

・ソースDL
http://pecl.php.net/package/oauthから落として展開
wget http://pecl.php.net/get/oauth-1.0.0.tgz
tar xvzf oauth-1.0.0.tgz
cd oauth-1.0.0

・パッチ(2011/3/31 間違ってたので修正)
内容はこれ、oauth_with_proxy.patchとして保存。
--- oauth.c	1970-01-01 09:13:08.000000000 +0000
+++ ../oauth.c.patched 2011-03-31 09:58:49.225640423 +0000
@@ -1185,6 +1185,9 @@
}

curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_URL, url);
+ // Proxy Settings
+ curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_PROXY, "localhost");
+ curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_PROXYPORT, "13128");

/* the fetch method takes precedence so figure it out after we've added the OAuth params */
curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, http_method);

・パッチあてる
patch < ./oauth_with_proxy.patch

・phpizeして、configureして、makeする。
phpize
./configure
make

あとは、既存のoauth.soと入れ替えればOK。

Comments

msakamoto-sf wrote:

環境変数を自分で設定できる状況であれば、環境変数でHTTP Proxyを指定することも可能です。
http://curl.haxx.se/libcurl...
の "Proxies" セクション参照。

11 June 2011 at 15:44

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。