[ハイテク] 15 November 2005 はてなブックマーク - 「今月のWindows利用料」に備えよ Twitterでつぶやく

「今月のWindows利用料」に備えよ

ついに、マイクロソフトがサービス化に備え始めました。
とはいえ、彼らのサービス化への動きは今日に始まったことではありません。
何せWebServiceのSOAPにしたって彼らが提唱し始めたものだし、MessengerやHotMailでおなじみのPassport、WindowsUpdateも本来サービス事業です。
このビルゲイツのメモでは、如何にMicrosoftがパラダイムシフトに備えて冒険を行うフロンティア企業であるかを強調していますが、実のところ彼らにとっては待ち望んだ変化です。

例えば、彼らの定期的な数年ごとのバージョンアップは陳腐化し、目新しい機能アップは見られなくなりました。考えても見てください、この10年でWindowsは目新しい変化を経てはいません、私たちはスタートボタンを「押し続けて10年」になります。私なんぞはいまだにWindows2000で満足しています。つまり、もはやコンシューマをバージョンアップに向かわせるだけの魅力がないのです。一方で、アップグレードをしないユーザは彼らの製品を使い続け、セキュリティパッチなどのサポートは継続しなきゃならないわけです。
Microsoftとしてはバージョンアップなどで稼いでいた収入が目減りしたのに、自分たちの製品を無料で使い続けているユーザ(過去に購入した正規品のユーザ)がサポートを要求してくるわけです。なんとも理不尽な話ではないですか!w
懸命な経営者であれば、当然ながらあるひとつの結論に行き着きます。
「お前らさー、使っている間は金を払えよ!」
要するに、彼らにとっては危機どころかビジネスチャンスなのです。GoogleやWeb2.0によって危機に追い込まれているような状況をアピールしつつ、大手をふるってWindowsやOfficeのサービス化に踏み切れるわけです。

簡単に言えば、僕らのカードや口座の領収書に今月のWindows利用料って項目が増えるってことです。w

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。