[@上海] 05 December 2005 はてなブックマーク - イベントの絶えない男 Twitterでつぶやく

イベントの絶えない男

先日、品質の良くない髭剃りで唇を切った折、日本に出張中の雇い主である弊社董事長、上海マサキさんより
「なんで、そうイベント作ろうとするの?w」
と言われました。その際、
「いやいや、イベントなんか作りたくもないし、たいしたイベントじゃないですよ。w」
と真っ向否定させていただきました。
しかし・・・・、本日その称号謹んでお受けすることといたします。
なぜかって?

そりゃあ、寝室の鍵が閉まっていて、家に入ったは良いけど締め出されてしまったという間抜けな事態にリアルタイムで直面しているからでござりんす。

一瞬空き巣を疑いましたが、原因はわかっております。簡単です。
私、寝るときはいつも寝室の内鍵(良くあるノブのボタンを押すやつ)をかけて寝るのですが、いかんせん立て付けが悪く、たまにロックのボタンが戻らないような状態です。そして本日は寒いということもあって寝室のドアを閉めて出かけたのです。
これが悪かった・・・。
30分ほど、手持ちの道具でルパン3世のまねをしてみるも,
まったく持って開く気配はなく、ああっ俺はルパンにはなれないんだな~などと少しがっかりした後、現実に引き戻され真っ青になってみたりしてました。
でも、このままじゃしゃれにならないので、最後の大技に打って出ます。
それは、残り少ないバッテリーの携帯電話で日本に居る中国人の彼女に電話をかけ、上海の大家さんに中国語で電話をしてもらうという意味不明でなおかつ迷惑極まりない行為!
彼女からの報告:大家さん、田舎に住んでいるから2時間ぐらいかかります。
そんなわけで、かろうじてリビングから漏れてくる無線LANの電波を捕まえ寒い台所でブログを書いて大家さんを待っているというわけです。orz

------その後
夜にもかかわらず大家さん来てくださり、何とかしてくださいました。ToT)
でもね・・・・鍵を開けるとかのスマートな手法ではありません。
やはり、男の目指すはルパン3世(同じかよ!w
隙間からドライバーや金具を差し込むこと30分、隣近所にも響く大音響でガッツンガッツンやりました。あんまりの音に下の階の方も訪れる状態です。
最後に再び彼女に電話をして御礼を言ってもらい、私平身低頭の有様。
彼女からの苦言:早く色々と覚えてください!
あい、まったくそのとおり返す言葉もありません。m(_ _)m
クソ寒い中、お騒がせいたしました。

Comments

武夷岩茶特級二五〇克 wrote:

デキる彼女が居て羨ますぃ~ん。とにもかくにもお疲れさまでしたw

自分、国際宅急便が鍵を紛失したお陰で、サムソナイトをフォークとドライバーでこじ開けたことがございます。本体は飛行機から吐き出された時点で相当凹んでおりましたので、潔く破壊。

サムソナイトが女の細腕で壊れるものだったとは…。

06 December 2005 at 00:14
ちぐ wrote:

すてきなふじこちゃんがいて羨ましいです。

グローバル!しかしこそばゆい!
寒い中お疲れ様でした。こちらも相当寒いー。
鍵穴に木の枝を突っ込むと、鍵穴の中で木が折れて
修理代が壱万円かかるので注意が必要です。
↑妹がやらかしたことあり

06 December 2005 at 00:25
fumitaka wrote:

>武夷岩茶特級二五〇克さん
いや、お恥ずかしい限りで・・・。
女性に負けず劣らずの細腕ではやたらと頑丈なドアはびくともせず。体当たりするもはじき返される始末でした。;;)
私もフォークとナイフとプラスティックのランチョンマットでドアをこじ開けるのに挑戦しましたが、結果は先述したとおりでやすorz
しかし、世界のサムソナイトをばらすたぁ相当思い切ったもんですなw

>ちぐさん
無駄に意味不明なグローバルです。
しかし、エアコンガンガンにつけてもまだ寒い・・・、上海って寒いところだったんだ。(遅
とりあえず大家さんはドアの木枠をバリバリはずしてました。鍵穴とかそういうスマートな次元ではありませんw
でも、ちぐ妹の行動共感できる。

06 December 2005 at 00:58

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。